読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

霞ヶ丘・野毛山界隈を歩く 1-2

 昨夜の続き。

霞橋の北側の袂には小さいながらも秀逸なデザインの

トイレが寄り添そうようにあった。

正面から撮り忘れたのでこんな写真で許して、

しかも女性用側から・・・(汗

       f:id:ryo-kng:20131215122537j:plain

さて、そろそろ歩き出すか。

って少し行くと今回見つけた不思議なもの。

     f:id:ryo-kng:20131215124012j:plain

普通、屋号や電話番号が書いてあるシャッター上部に

この印のみ描いてある。

それなりに考えられたデザインだと思うけれど、

車関係のお店?

 

 今日、野毛界隈に来たのはある目的のためだけれど、

なかなか戦前の建築物が見つからない。

なるべく東を向いて写したいので桜木町方面へ向かう。

路地を入ったり、階段を登り降りするうち

あるお宅の前を通りかかった。

           イイ感じに廃れてるねェ・・・

     f:id:ryo-kng:20131215130202j:plain

雨戸にまで蔦が這っている。

何十年開けて無いんだろう。

これにあったフィルムでもう一度撮影しにこよう。

もっと良く見ようと近づいたら・・・

中からテレビの声が聞える!

ゴメンナサイ、廃屋じゃなかったんだ。

廃寸前屋だったんだ。