読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

霞ヶ丘・野毛山界隈を歩く 2-1

 今年は、大掃除や年賀状書きは早めに済ませたので 

ゆったりと年を越せる。

じゃあ、また歩いてくるか。

前回に続いて今日も「霞ヶ丘・野毛山界隈」

何時も同じ駅じゃつまらないので、

ひと駅西の「京急・南太田」からスタート。

リベットいっぱいのガード下から大岡川へ。

不法係留の船が一掃され綺麗になったが、 

水は相変わらずの色。

まだ泳ぎたくないな・・・。

なんて思っていると一本橋の袂にこのトイレが現れた。 

   f:id:ryo-kng:20131229123636j:plain

霞橋にあった物と良く似ている。

(昔、もう一か所見た記憶があるけれど、

どこか思い出せない。)

ガラスブロックが淡い水色で美しい。

今日はちゃんと男性用側から撮ろう。

(なぜか男女の位置が逆だ)

ところで若かりし山崎 努さんはこの橋の電話Boxから

社長宅に電話をかけたのかな。

 

 そろそろ「山に登ろう」

今日は藤棚浦舟通りの一本東の路地を行く。

街の名の由来と思う東福寺の赤い山門。

今日は時間が無いので失礼。

ここからしばらく地図を確認しないで歩いたので、

途中で曲がるのを忘れてしまった。

ぱっと出たこの道、見覚えがある。

一本松小の西側だった。

同じ道は歩きたくないな・・・。

さて、どうしょう。