読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

初詣+野毛界隈を歩く1-2

 行きつ戻りつして階段を上って行くと、

「うっ!」 一瞬、ビックリした。

野毛らしいというか、何というか。

こんな光景、見たの久しぶりだ。

(ボビー(フィルムカメラ)で写したので、

現像が出来次第アップします)

 

 階段を登りきると家並みが明らかに変わった。

お金持ちは高い所に住みたがるって言うのは本当だね。

初めて見る高級会員制倶楽部ハウスや、

(何か気になったので調べてみたら、ここ、結婚式場でした。

書く時はちゃんと調べないと、以後、気を付けよう。)

古くはなっているけれど造りのしっかりした

マンションなどが、建ち並んでいる。

さっきの光景とはえらい違いだ。

その合間を縫うと、じきに野毛山公園に着く。

確かここも元はと言えば明治維新後、

事業で成功した人達が別邸を建てた跡地だったはず。

 

 そして老松町で出会ったのがこれ。

横須賀では当たり前の様にあるこんな階段。

横浜にもあったか。

    f:id:ryo-kng:20140101134708j:plain

判りづらいかも知れませんが、

この階段、マンホールの蓋の部分が踊り場で、

ここで方向が変わり、稲妻型に下って行きます。

左側は拡幅された部分。

中央分離帯のある二車線道路の感じ。

ただ、其々の階段の蹴上げと踏面の寸法が違い、

左右で高低差が出来、(左が低い)

右側を下って行くと、左方向に引っ張られるよう。

地元の方は慣れてるんでしょうが、何だか怖い。

 この後、横浜駅近辺で買い物の予定なので、

このまま真っすぐ北上。