読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

横浜カルデラを歩く1-1

 まず題名の「横浜カルデラ」ですけど、

私の勝手な呼び方なので実際にはありません。

只、横浜の中心部を高所から眺めると、

「これってちっちゃい火山だったんじゃないの」

って思いたくなるほど三方をぐるっと山に囲まれ、

現在はビルが林立している平地も幕末までは

内海だった事は御存じの方も多いはず。

で、何回かに亘ってその縁を何度も

上り下りしながら一周します。

 

 スタートはみなとみらいの新高島駅

西武の電車が通過するのを見、

直通運転を初めて実感。

この駅、今回が初めての利用。

地上に出ても有るのは日産の本社か

アンパンマンミュージアム程度で

私的には限りなく用事が無い駅だった。

 

 街の名が花咲から戸部に変わった辺りが

かつての海岸線だったのか、

緩やかな坂道が始まる。

そこで見つけた「今日のお約束の一枚」(汗)は、

     f:id:ryo-kng:20140316121334j:plain

戸部五丁目で見つけたアパート。

温和な人が住んで居そう。

何かの「ゆるキャラ」に使えない?

 

 御所山目指し歩いていると、

「おいおい!」

宮崎作品にでも出てきそうな

古びたお宅発見。

でも傷みが目立ち、いずれは消えてしまうのか。

お金があればなぁ・・・

 

 その先を一回りしたらこんな光景が。

     f:id:ryo-kng:20140316130909j:plain

上のお宅の土台、直接トンネルにくっついてる感じ。

線路の右側に夏ミカンが幾つか落ちてるけど、

電車に直撃!って事は無いんだろか。