読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

神奈川台場跡を歩く

 三連休の初日はかつて横浜にあった、

台場を訪ねようとJR東神奈川駅に降り立った。

この辺りも子供の頃に来た思い出があるけれど、

時間があれば帰りにでも寄ってみよう。

第一京浜(かつての東海道)をひと歩きし、到着。

光線の都合で滝の川沿いを南から行く。

向かいはかつては漁師町だったようだ。

さて、台場跡に向かう橋を渡ろうとしたら・・・

     f:id:ryo-kng:20140321114000j:plain

これまた先日見た入江橋と似た、

小さいけれどモダンなデザインの親柱。

しかも名前が「棉花橋(めんかばし)」

この「綿」と同じ意味らしいけど、

何で海岸部の橋で「棉花」を使うんだろう。

    帰宅後調べたら、

    昔はこの先に輸出用の綿花倉庫があり、

    町の名前も「棉花町」だったそうだ。

    なるほど、単なる漁師町じゃ無かったんだ。

    これもちゃんと銘板があったからこそ。

    よかった、よかった。

    良く見るとこの親柱、花をイメージした感じ。

漁に関係が有りそうな物を写しながら奥に進む。

 

 すると背後に殺気。

げ!パトカーが走ってくる。

実は観光地でも無く、

寂れた地区を好き好んで

写真を撮りながら歩いていると、

たまに通報される事がある。

(不審者は私で間違い無いと思う)

警察も通報があった以上、出動するし、

嫌な経験も無いので構わないけど。

あれ、違うな。私じゃない。

警察官が五人来て、住民から事情を聴いてる。

何があったんだろう。

巻きこまれても嫌なので、

早々に立ち去ろう。

立ち去ろうとしたら路地で見つけたのが今日のコレ。

f:id:ryo-kng:20140321123114j:plain

これ、すっぽんですよね。

軒下に置いた水槽に三匹。

こんなアングルから見たの初めて。

ブサかわいい。

 

 台場跡に行ってすっぽんの写真を撮って

喜んでちゃいかん。

でも台場跡の石垣も大したものじゃなかったし、

さっきから北の空が妙な黒さ。

連休だから早仕舞するか。

じゃあ瑞穂埠頭の入り口にある「あれ」を写して帰ろう。

「あれ」の前で露出を計ってたら、

ものすごい強風と大粒の雨。

たまらず近くの会社で雨宿り。

雨は直ぐに止んだけど風は強く、

気温が一気に下がりたちまち戦意喪失。

東神奈川駅も近いのでとっとと帰ろう。

「あれ」はまたの機会に。