読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

久村界隈を歩く 1-1

 久村(くむら)と聞いてご存知の方は極めて少ないでしょうが、

京浜急行久里浜駅に着く寸前、右手前方に見える黒々した山の麓。

横須賀市久里浜の西隣にある長閑な地区です。

元々、平地が少ない三浦半島は幕府により横須賀造船所が開設以来、

「こんな場所まで」って驚くほど山の上まで宅地を求め開発してきた。

久村の南側は早くから湘南ハイランドという名で、

北隣は湘南山手として近年開発された。

(そういえば「ハイランド」のカタカナ地名は日本初らしい。

正面にあった岡本太郎のモニュメント、消えて久しい。今、何処に)

そんな中、ここはなぜか開発されず取り残された。

 

 毎度、寒さで起きるのがおっくうでここに着いたのは昼。

今日はBonita66にモノクロフィルムを詰めてきた。

歩き出したらじきにこんな案内板が!

f:id:ryo-kng:20150118201909j:plain

ちょっと小さいけれど番地が判りにくい日本で、これは便利。

残念なのは「現在地」はシールを貼って表していたけれど、

それが剥がれてしまい、ここは何処なのかが判らない。

ちなみにここは23番の東側。

24、25、26と進み、目指す久村は左端です。

それから今居るこの道、昔は横須賀線から分かれた引込み線が敷かれていた。

そのレポは別の機会に。

 

 27番まで来て、「久村はもう少し」ってところでこの写真。

f:id:ryo-kng:20150118201949j:plain

一部、飛んじゃっているけれど、ここから何件のお宅に行けるのでしょう。