読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-kng's blog

坂があれば上りたくなり、路地を見れば入りたくなる、クラカメ片手に徘徊中

江ノ電と絡み合いながら歩く 1

  日曜日は鎌倉に撮影に行って来たが、

ちょっと張り切り過ぎて、ブログの更新をする気が残っていなかった。

なので、一日遅れの記事です。

 

 雪の残る御成通りをSignet片手に歩き出す。

深い訳があったのではなく、

何となく江ノ電沿線を鎌倉駅から西に、

稲村ケ崎辺りまで歩きたくなったので。

地図を見ながらまだ歩いた事の無い路地を選んで歩く。

江ノ電と絡み合いながら」なので北に、南に歩みを進める。

和田塚駅手前で立派な門扉のお宅に出くわす。

横の路地は昔の「松竹映画」にでも出てきそうなイイ感じ。

そこを回り込むとこっちが正面!?。

さっき立派だと思った門は勝手口だった。

さすが鎌倉の御屋敷は違う。

只、この辺りも昔と比べ安っぽい家が増えてしまって残念。

相続税って大変なのかな。

 

 コーヒーやおしるこなど、

温かい文字の誘いを振り払いながら長谷駅まで来た。

大仏さん目当ての外国の方もちらほら。

そして駅近くの店先で見つけたのがこの写真。

f:id:ryo-kng:20140216114138j:plain

目が悪いので一瞬、本物かと思った。

微妙にリアルなんだから。

横のサンダルもユーモラスな感じがいい。

 

 時折、冷たい風が吹く中、海岸に向かう。

今日はあじさい寺の前ではなく、

南の山を越えて極楽寺方面へ行く。

妙な音をたてて流れる下水を気にしながら

坂を登りきって振り向くと「おお!」鎌倉の南側が一望。

この道は昔は無かっただろう。

でも当時の坂東武者達はこの辺りから

自分たちの造った街並みを眺めたんじゃないかな。

そう思わせるほどの光景だ。

「あれ?」せっかくの風景も

海の写真は写して街のは忘れた・・・。